初セックスが遅かったせいか50代になった今でもセフレ募集をして楽しんでいます

『男がセックスできる回数は予め決まっている』なんて説をご存じですか?つまり『若いうちにセックスを開始すると早いうちに打ち止めになり、年齢を重ねてからセックスを始めると熟年になっても求めまくる』ということです。

男は年齢を重ねるほど性欲も衰えていくものですから、これは胡散臭い説だと思いますよね?しかし、初セックスが40代と非常に遅かった私は、50代になった今でも嬉々としてセックスを続けており、セフレ募集も頻繁に行っています。

今はセックスを経験していない男性がとても多いとされており、これも少子高齢化に関係していると言われます。私もそのうちの1人でして、彼女すらろくに作ったことがなく、「一生セックスすることはないだろうなぁ」と思っていました。

しかし40代になって、まさかのチャンスが訪れたのです。職場の飲み会に参加していたとき、もうすぐ辞める女性と結構仲良くなりまして、お互い酔っていたからその勢いでセックスをしましたが…初めての行為はとても気持ち良く、相手の酔いが覚めても求め続けていました。

その相手とは仕事を辞めたっきり音沙汰がないものの、すっかりセックスの虜になった私は、セフレ募集をしてまで相手を探すようになったのです。今からでも恋人を探してセックスを楽しむのも悪くない…とは思うものの、下半身はすぐにでもセックスをしたがっているため、セフレという関係のほうがいいと感じたのですね。

50代でのセフレ募集ということで、相手探しには多少時間がかかることもあります。しかし、一度セックスをすれば性欲が強いおかげで相手に満足してもらえることが多く、そうなったら継続して会えることも多いから、そこまで不自由していません。

50代になったことで体力の衰えは多少感じますが、性欲についてはむしろ若い頃よりも強い感じで、相手の裸を見るだけでギンギンになります。だから一緒にお風呂に入ったらその場で始めてしまうことも多いように、まだまだ打ち止めになる様子はありません。

このように、「若い頃にセックスしていないと、一生できないかも…」と心配する男性もいるかもしれませんが、それは杞憂です。セックスは何歳からでも始められますし、一度始めたら何度でもやりたくなると思いますので、生涯現役も夢ではないでしょう。

そしてセックスの相手は私みたいにセフレ募集をすれば見つかると思いますので、遅めのデビューをした男性も、気分を変えて楽しみましょう。