マッサージ系の仕事をしているのでセフレにも性感マッサージをして骨抜きにしています

私はマッサージ系の仕事をしているため、相手を気持ち良くするというのはお手のものでした。普段は男性向けのマッサージをしていますが、プライベートでは女性をマッサージすることも多く、その際はいわゆる『性感マッサージ』というのをしています。

もちろん仕事で行うセックスはそうした内容ではなく、いたって健全なマッサージです。というか男性客に行うのにそういうマッサージをするわけがないですし、私にはそっちの趣味もありません。やはり、性感マッサージをするなら女性相手に限ります。

「普通のマッサージ師でも性感マッサージってできるの?」と思うかもしれませんが、実は普通のマッサージでも性感マッサージでも大切なことは同じです。マッサージというのは『血行を改善する』というのが1番重要ですから、普通のマッサージをしていたら性感マッサージの基礎は出来上がります。

唯一違うところを言えば、『性感帯に触れるかどうか』ですね。性感マッサージは血行を改善することで性感帯にも血液が流れるようにして、それから愛撫をすることでより感じやすくするのです。女性には血行の悪さに悩む人が多いから、性感マッサージはいろんな意味で喜ばれるでしょう。

私のセフレも性感マッサージの虜になっており、会う度にせがんできます。そして揉んであげるとすっかり骨抜きとなりまして、セックス後は腰が抜けて動けないこともありました。それくらい喜んでもらえたら、マッサージ師冥利に尽きるというものです。

私は仕事が忙しくてなかなか彼女は作れないものの、セフレを作るのは簡単でした。セックスのみの関係だと普段からこまめに連絡を取る必要もないし、会えるときだけ会ってスッキリできるというのが魅力です。

私はセックス前にマッサージをしてあげることもあり、相手から誘われる場合が多かったですね。「次はいつ揉んでくれる?早く会いたいなぁ…」なんてセフレに言われるのは、男としてうれしいものです。

性感マッサージの基本は先ほども書いたように、最初は普通のマッサージに近い感じで相手を揉みます。最初から愛撫をしていると普通のセックスと差がありませんので、そういう場所はあえて回避して焦らしてあげましょう。

そして全身の血行がよくなったくらいに指入れなどを行えば、ビックリするほど敏感な反応を見せます。性感マッサージはセックスレスの解消に使われることもあるように、恋人とのセックスに飽きているカップルにもオススメできます。