親の勧めでジムに行ったら体が引き締まって自信がついたからセフレ掲示板を使ってみました

私は昔から運動が嫌いな割にお菓子やジュースが大好きだったから、小学生くらいの頃から順調に太り始めました。そして大人になっても肥満状態は続いており、当然ながらモテることはなく27歳になったのですが…まさか、ここから自分が変わるなんて思いませんでしたね。

あまりにも痩せる気がなくしかも女性とも付き合う気がなかった私を見かねて、親が「ジムに行って痩せなさい!」と勧めてきました。ちなみにジムに行く場合の費用は親持ちであり、ジムに行かない場合は食事の量を徐々に減らすと脅されまして、渋々ジムに行ったのです…。

こんなだらしない体ではインストラクターの人にも笑われるかと思ったら、肥満の会員も結構いるとのことで、普通に接してくれました。また、体型や運動の経験に応じてプログラムなども組んでくれまして、「これなら、1人で運動するよりも楽かな…」と思ったのです。

とはいえ最初のうちは簡単な運動を少しするだけでも息が切れて、それこそ「このまま死ぬのでは…」と本気で心配することもありました。また、運動後は筋肉痛に悩まされ、何度か関節にもダメージがありましたね…。

しかしそこから復活するほど体は強くなり、自分の変化具合を感じ取るほど楽しくなっていきます。そしてジム通いを続けていたら体はすっかり引き締まりまして、今では自宅の姿見で体をチェックするのが楽しみになっていました。

そして親にも「これなら、女の人とも仲良くなれるんじゃない?」と言われたので、試しに掲示板を使ってみたのです。親の口ぶりから察するに『恋人を探せ』といった意味合いがあったのでしょうが、今の私はむしろセックスがしたかったのですね。

太っていた頃は性欲もあまりなかったのですが、体力がついてくると性欲も増えるのか、とにかくムラムラします。だから恋人よりもセフレが欲しくなりまして、掲示板を使ってみたのですが…。

そこで仲良くなった女性と会ってみたら、「いい体つきですね!鍛えてるんですか?」と褒められました。セックスさせてくれるのはもちろん嬉しいですが、今では自慢となった体を褒められるというのは、とても誇らしかったですね。

セックスは経験がなかったので多少四苦八苦しましたが、体力があるおかげで簡単にはバテず、お互いが満足するまで絡み合うことができました。やっぱり、セックスをするにしても体は鍛えておくほうがいいですね。

今はジム通いと掲示板のチェックが日課であり、毎日楽しいです。