キモいおっさんの私でもセフレ掲示板で知り合った女の子をメロメロにしています

自分で言っていると悲しくなりますが、私はいわゆる『キモいおっさん』と呼ばれるタイプです。簡単に特徴を挙げると『薄毛・メタボ・濃いめの体毛』とモテる要素0であり、しかも40代だから結婚は完全に諦めていました。

さらに若い子が大好きで性欲も強いから、知人からは「お前、援交とかしてないよな?」と心配されています。たしかに町を歩くミニスカのJKを見ているとムラッとしますが、私にも生活がありますし、援交みたいなハイリスクなことはしません。

ただ、20代前半くらいのセフレはいまして、私が誘ったら大抵は会ってくれますし、セックスもできます。食事代とホテル代はこっち持ちですが、いつもセックスのときはメロメロですし、キモいおっさんの私としてはいい関係を作れていると思いますよ。

キモいおっさんがなぜ20代のセフレをゲットできたかと言うと、セフレ掲示板を使ったからです。職場での出会いを予想するかもしれませんが、職場にはほぼ男しかいませんし、仮に女の子がいても私になんて近寄ることはありません。

だからこそ、最初は顔を見せなくて済むセフレ掲示板は便利です。女の子側も顔を隠したがることが多いため、お互いが見せずに会う約束をすることはできます。ただ、自分のことをイケメンなどとうそぶいたらあとで文句を言われるため、ある程度正直に伝えます。

私の場合は「メタボ気味のおっさんだけど、いい?」と言っています。メタボだと伝えておけば相手は過剰な期待もしませんし、会って失望されることはありません。「そもそも、メタボだと伝えて会ってくれるの?」と気になるところでしょうが、案外いけます。

セフレ掲示板にはとにかくセックスに関わることしか言わない男も多いので、最初は多少紳士的にしておけば会話ができます。そして「会ってくれるなら、ご飯奢るよ」みたいな感じでセックス以外のお誘いもすれば、より会える可能性がアップするでしょう。

そうして会うことができたら、丁寧なセックスをします。若い子大好きでキモい私ですが、実はセックスには時間をかけるタイプでして、相手にも満足してもらうのが信条です。若い子は同じ若い男と会うことが多いのですが、若い男の多くは自分勝手なセックスをするため、意外と欲求不満になっています。

そんなときに丁寧なセックスで満足させてあげれば、こちらがキモくとも気に入ってくれます。私もこのセフレに気に入ってもらえたおかげで、定期的に会ってセックスをさせてもらっています。