過疎化していた町から都会に行ったらまずは掲示板を使ってセックスしました

景気が良く人口がバンバン増えていたとき、日本ではたくさんの住宅地が作られました。あの頃の日本はまさに黄金の国で、世界で1番リッチな国だったと聞いています。私はその時代を知らないので、「この不景気な国に、そんな時期があったのか…」なんて驚いていました。

そして今はどうなのかと言うと、説明するまでもないかもしれません。
少子高齢化と都会への一極集中が進み、過疎化が進む町も珍しくありません。くに村と呼ばれるようなエリアは消滅の危機に瀕していることも多く、私の住んでいた場所も他人事とは思えませんでした。

私の生まれ故郷は、過疎化が進んでいた町です。
どんな場所なのかと聞かれたら『山の近くに作られた住宅街』といった様相のエリアで、自然が結構多く残っています。大昔はここも小さな農村みたいな感じだったのですが、バブル期に住宅地に切り替わったようです。

そしてその頃はたくさんの家が建ち並び、人口も多かったのですが…山の近くだと書いたように、お世辞にも便利ではありません。というかハッキリ言えば不便であり、それなりに栄えている場所へは車で1時間くらいかかります。

仕事をするにも同じくらい移動しないといけないため、今後は発展の展望もありません。
両親も「ここも人が減って、増えるとしたら外国人くらいじゃないか」なんて言ってますし、住みにくくはなっても住みやすくなることはなさそうです…。

それもあって、私は学校を卒業したら都会へ行きました。
両親もそうなることは分かっていたのか、「なにかあったら、いつでも帰ってきていいから」とは言ってくれたものの、止めることはありません。
もっとも、止められてもやめませんでしたが…。

都会はまだ人口が増えているように、とても便利です。
そして人も多いので掲示板を使えばすぐにセックスができたし、「もう故郷に帰る意味はないなぁ…」と痛感しています。人が少ないと女性も少ないから、セックスだってままならないのです。

そう、都会に行ってまず私がしたのは掲示板の利用でした。
実は都会に行く前から掲示板を覗いていたのですが、皆さんも予想できるように相手がいません。いたとしても、かなり移動しないと会えなくて…。

だから都会に行くまでは使わないようにして、今になって掲示板を満喫しています。
都会は性が乱れているなんて言いますが、これこそが人間のあるべき姿ではないでしょうか?

セックスがしたい男性も、都会に行くべきですね。